帽子を選ぶにあたって、頭のサイズは必要不可欠です。特に贈り物や実際にお店を訪れる事ができない場合、頭のサイズがわからないと、帽子選びが困難になる場合もあります。

すでに帽子をお持ちの場合は、その帽子のサイズを調べればすぐにわかりますが、そうでない場合は、頭のサイズを測る必要があります。ここでは、簡単な頭のサイズの測り方をご紹介します。

メジャーなどで測る方法

メジャーなどで測る方法のイラスト

メジャーなどで頭を直接測る場合は、耳の付け根から1~2cmの位置をほぼ水平に測ります。一番簡単な方法ですが、測り方によっては、実際の帽子のサイズとは会わない場合もあります。

紙筒を使って測る方法

紙筒を使って測る方法のイラスト

厚紙などを使って筒を作り、これをかぶってみてサイズを測る方法です。ちょっと手間が掛かりますが、割と正確にサイズが測れる方法です。

まず、厚紙などを丸めて、適当なサイズの筒を作ります。例えば、紳士用のLサイズで試してみる場合は、筒のサイズが58cmになるように作ります。これをかぶってみて、大き過ぎるようでしたら、筒をこの下のMサイズ(56.5cm)にして、かぶってみます。これを繰り返して、丁度良さそうなサイズを測ります。

帽子のサイズについては、『帽子のサイズの選び方』をご参照ください。