スタイルを美しく、格好良く見せるのが服の役目だとしたら、顔を魅力的に演出するのが帽子の役目になります。「帽子は顔の額縁」とも言われるくらいに重要です。帽子は髪型と同じく、顔の輪郭と密接な関係があります。

丸顔の人がクラウンの浅い帽子やシルエットが丸い帽子をかぶることで、少し顔が細く見えるようになったり、面長な人がクラウンの高い帽子やシルエットが細長い帽子をかぶることで、顔の長さを抑えて見せることができます。また、同じくかぶり方でも、ブリムの前側やバイザーを少し上に上げてかぶることで、顔をはっきり見せ、陽気な雰囲気を出せます。逆に下げてかぶることで、落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。

また、帽子を斜めにかぶることがありますが、実は結構難しいかぶり方です。見ようによっては、とても帽子をかぶり慣れたお洒落な雰囲気にもなりますが、斜に構えてちょっと気取った感じにも見えたりしますし、帽子によってはただ単にだらしなく見えてしまうこともあります。帽子を斜めにかぶることは、顔を斜めに隠すことで、顔を細く見せるということでもあります。服装の雰囲気や帽子との組み合わせで、自分をどう見せたいのか、ということもよく考えてかぶりましょう。